無職ですがキャッシングは出来ますか?

定職についていないために手元にお金がないという人も昨今では決して珍しいことではなくなってきています。ですが、生きていくためにはお金が必要になります。もし無職の方がキャッシングに申し込んだ場合、お金を借りることが出来るのでしょうか?

基本的に無職の人はキャッシングを利用することが出来ません。これは、キャッシングに申し込みをしたあとの審査で、無職の人は落ちてしまうためです。貸金業者を規制する法律である貸金業法では、年収の三分の一以上の融資を行うことが原則として禁止されています。さらに安定した収入があることが申し込みの条件となる場合があります。無職の方は年収というものがそもそもありませんので、この原則に抵触するため審査に通過することが出来ません。

ただ、無職でも配偶者がいてその人の年収が或る程度あり、配偶者の同意があれば配偶者の年収をその人の年収とみなすことが出来、キャッシングが可能になるケースがあります。また無職であっても年金など定期的な収入がある場合には、年収があると考えられるケースもあります。このような場合は安定した収入にも該当するため、キャッシングが可能になることも多くなっています。同じ無職でもこのような違いでキャッシングが出来る人とできない人に分かれます。